ニュース

K-1なぜ自粛しない?県の要請に背き予定通り開催!ネットでの反応は?

新型コロナウィルス感染が流行している現在、様々なイベントが開催自粛や延期を表明しています。

そんな中、3月22日から「K-1 WORLD GP 2020 JAPAN ~K’FESTA.3~」がさいたまスーパーアリーナで予定通り始まりました。

ほとんどのイベントや大会が開催自粛する中、なぜK1は予定通りの開催を決定したのでしょうか。

K-1は予定通り開催!なぜ自粛しないのか?

新型コロナウィルスが流行しており、感染拡大を防ぐために、国から主催者側にイベントの中止・延期することが求められていますね。

そんな中、K1はイベントの中止・延期をすることなく予定通りさいたまスーパーアリーナでの開催を決定しました。

開催地である埼玉県は主催者側に自粛を要請していましたが、どうやら主催者側はそれに応じることなく開催したようです。

 

主催者側は「もともと予定していた大会をちゃんと開催するのが我々の仕事」として開催を決定。

やはり主催者側としては経済面を考えての開催決定でしょうね。

イベントが中止されてしまえば、経済的には良くないですもんね。

イベントが中止されることによって、動くはずだったお金は動かなくなってしまい、給料がもらえるはずだった人ももらえずじまい。

非常に厳しい経済環境となっていると思います。

 

自粛の話も出ていたそうですが、会場側とも話し合った結果、予防策を講じて開催することになったようです。

その予防策というのが以下の通りです。

  • 会場入り口でマスク配布
  • スタッフのマスク着用
  • こまめな手洗い・うがいの励行をお願い
  • 会場に消毒液の設置
  • ミネラルウォーターの無料配布
  • 入口でサーモグラフィーを設置して体温検査
  • 会場内の常時換気
  • 加湿器と次亜塩素酸で空気除菌
  • サイン会・握手会の中止
  • 咳・くしゃみなどひどい症状がある場合は入場禁止
  • チケットの半券に住所・電話番号を記入してもらう

上記のような予防策を主催者側が実行したようです。

運営責任者の中村拓己さんは「感染者が出た場合は迅速に対応したい」とコメントしていました。

スポンサーリンク



K-1の開催にネット上での反応は?

K-1ファンの一部の方は、開催してくれてよかったという声も見られました。

しかし、多くの方は「自粛すべきだった」と感じているようですね。

実際の会場は椅子と椅子の距離が近かったようで、それにも批判の声があがっていましたね。

1つ1つ椅子の距離を遠ざけたほうが良いと思いますよね。

まとめ

今回は、3月22日から開催された「K-1 WORLD GP 2020 JAPAN ~K’FESTA.3~」についてまとめました。

埼玉県から自粛要請されたにも関わらず、開催が始まりましたね。

主催者側と会場側が協力し、様々な対策が実行されたようですね。

この開催決定には様々な声があると思います。

経済面を考えると開催決定も仕方ないと思いますが、現在の感染拡大状況を考えると、中止・延期・無観客試合にするべきだったという声が多いですね。

とにかく今は、コロナウィルスがはやく終息してくれることを願いたいですね。

スポンサーリンク