有名人

モデルYOSHIはいったい何者?生意気でうざいと言われる理由は?

映画「タロウのバカ」で主役を演じたモデルのYOSHIさん。

インスタのフォロワーは79万人という注目の人物です!

しかし、ネット上では「生意気でうざい」と言われることもしばしば。

有名な人が叩かれるのはある程度しょうがないですが、いったいなぜそのように言われているのでしょうか。

今回はモデルYOSHIさんがいったい何者なのか・なぜ生意気でうざいと言われているのかまとめました。

モデルYOSHIとはいったい何者?

 

この投稿をInstagramで見る

 

(@yoshi.226)がシェアした投稿

  • YOSHI
  • 本名:佐々木ヨシズミ(名前の漢字は不明)
  • 2003年2月26日生まれ
  • 父親:台湾人、母親:日本人のハーフ
  • 広島県出身
  • 3歳から東京で暮らす
  • A型

YOSHIさんは小学6年生の頃からファッションに興味を持ち始めました。

当時は街行くオシャレな人の服を参考にして「Right-on」などで似たような服を探して着ていたそうです。

13歳の時に「ルイヴィトン」のディレクターであるヴァージル・アブローさんにセンスを認められ、本格的にモデル活動を開始しました。

若干13歳にして、世界的ブランドのディレクターに認められるなんてスゴイですね!

 

YOSHIさんの父親はインテリアデザイナー・母親は繊維メーカーの販売部長で、一般的な家庭よりも裕福なようです。

だから若くても色々な服を着ることが出来るんですねぇ。

スポンサーリンク



生意気でうざいと言われる理由:タメ口と言葉遣い

若いながらもモデルとして活躍されるYOSHIさんですが、ネット上では「生意気でうざい」との声もあります。

その原因として、初主演映画「タロウのバカ」の舞台挨拶での一面があげられます。

10歳年上の先輩俳優・菅田将暉さんにタメ口で話しています。

すごく仲がいいからなのかもしれませんが、それでもこの公の場でタメ口はどうなんでしょうね。

YOSHIさんよりもだいぶ年上の監督にまでタメ口。しかも終始、ポケットに手をつっこんでいます。

初の舞台挨拶でこのようにふるまうのは堂々としているとも言えますが、やっぱり生意気に見えてしまいます。

俳優・仲野太賀さんにたいしては初対面で「太賀でしょっ!知ってるよっ!」といったそうですよ。う~ん・・

 

これに関してtwitterでは、このように言われています。

やはり印象よくないみたいですね。

 

しかし、「タロウのバカ」を視聴した方々はYOSHIさんの演技を絶賛しています。

初めての演技で、このように言われているなんてスゴイですね。かなり気になってしまいます。

スポンサーリンク



まとめ

今回はモデルYOSHIさんがなぜ生意気と言われているのかまとめました。

舞台挨拶の様子を見る限り、本当に子供っぽくてちょっと生意気と感じてしまいますよね。

しかし、まだ若いのできっとこれから芸能界の活動を通して色々学んでいくのではないでしょうか。

演技も公表なので、俳優業での活躍も期待したいですね!

スポンサーリンク